ピークレター|peek-letter

妖怪ピークの門番が身近な小さな世界で感じとったことをお届けします。
気持ちに合わせて読んでいただけたらと思います。

小さな世界

2021.01.01  ピークレター 

2021年になりました。かといって大きな変化はありません。しかしまた、同じでもなく・・・。薄い膜を潜るように、そしてその膜を静かに重ねるようにつづけていく。そんな微細なものが積み重なって現れてくるものを想像してみる。それはその人だけの小さな世界です。でも、他に代えることができない大きく豊かな世界だと思っています。

ドキドキとワクワク。想像と予測。大人になっても変わらないもの。

2020.12.27  ピークレター 

何か新しいものを制作する時には想像と予測が必要だ。昔と違い多くのことがパソコン上で確認できるようになりとても便利だと思う。一方、その大元は個人の自由な想像と緻密なロジックによる予測だ。そして子供の時からずっと変わらないものはそれ等が出会って生まれてきたモノ達に会う瞬間だ。

いくつになってもドキドキして不安になる気持ちと、ワクワクして早く見たい気持ち。そして目にした時の何とも言えない喜びなのか、興奮なのか。その感覚は子供の頃、楽しい遊びを思いつきやってみた時の感じと似ている。仕事になってもその本質的なところは変わらない。

きっと誰しもそんな瞬間があると思う。人には言わないけど。自分だけの小さな喜び。

クリスマス

2020.12.23  ピークレター 

クリスマスという言葉に子供たちはみんなワクワクする。大人もなんか嬉しい幸せな気持ちが蘇ります。子供の頃の家族との楽しい時間は、大人になってもいつもポっとついた小さな灯りの様に心の奥に。

グルグルなモノ

2020.12.21  ピークレター 

螺旋状のモノに出会うと、いつも心がトキメキます。吸い寄せられるのか、放出されるのか?螺旋にはその二つの構造がある。

これは毎年晩秋から冬の初めに剪定する鉢植えのパッションフルーツのツル。あまりにも魅力的なので、捨てるのはもったいないなぁと、並べて眺めました。美しいです。

ギフト

2020.12.17  ピークレター 

木星と土星だろうか?夕方、南西の空に月の右上にチョンチョンと並んで見えるのは。街中のビルの上にもこんなに美しい時間をくれる。夕方のほんのわずかな時間だ。でも、いくつになっても心ワクワク豊かな時間だ。冷たい空気の中で見知らぬ人にも教えたくなる。

  • 妖怪ピークのインスタグラム 妖怪ピークのフェイスブック 妖怪ピークのツイッター

妖怪ピーク

運営:センス・オブ・ワンダー

© yokai-peek

ページの上部へ↑